ninotendo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE DIGITALIAN INおさっぽろドーム③

本エントリーでは、13曲目から21曲目までを振り返って、れっつでじでじ!
1曲目から11曲目までは、THE DIGITALIAN INおさっぽろドーム①を,
MC~ファンラのくだりまでまでは、THE DIGITALIAN INおさっぽろドーム②
ご参照くだされ!

::::::
13 メリークリスマス
digi6.gif

にのみソロはここ数年いつだってメインステ固定…(歯ぎしり)ということで、土曜はミキレリアンで全くみれーず。日曜はもうまばたきしない!NOモアまばたき!精神で挑んだんですが、その結果歌詞間違いにのみが降臨⇒しらたき昇天。

最後にひとことなのに、”こーとーしーのーおねがいはぁー!”って歌ってその途中でアッて気づいて(もう顔からしてポカーンってなってるバブバブにのみ)ふるふるした感じで笑っちゃうけど我慢してでもやっぱりもういいわ笑っちゃうわってなって、でも曲〆ギターチャンチャランチャチャンチャランチャ、チャンチャランラ・ラン!でものっそいキメ顔して捌けていくという…。

あまりにあまりなもんで、ぎゃわいいぎゃんわいいぎゃああわああぁいあいあいあいあい…あ、あかんわたしもうたってられへん、あかん、足が、足がいま小鹿!ってなってたら初対面の横の方(このひともにのスキーだった)に力強く頷かれました。

アラフェス12でギミックのイントロ流れた瞬間、前列のにのスキーの人(初対面)とお互いア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ってなりながら頷きあった思い出が走馬灯のようによぎりました。あの瞬間会場中の全にのスキーの精神が完全に一つになった気がします…。
今年は正直、ほんと正っっっ直な話、踊ってくれると思ってたので、ギターかきならすニーノ!に、おまっ、ちょ…!!!って気持ちがないでもないという複雑なOTA-ME心だったんですが、なんかね、にのみ、ギター弾きながらすんごい楽しそうでね!
スクリーンはモノクロ、ファンライトも強制消灯な、白黒の世界からはじまり、徐々に、黄色いライトがメインステから花道を渡ってついていき…1番どころか、ほんとに2番の大サビまでモノクロだった世界が、最後一気に色づく!のが、自然とワァ!って声でちゃう感じで。
そんな観客みて、にのもすんごい楽しげに、満足げに笑いながら、歌ってるから、もういいよ…
わたしの"こーとーしーのぉーお願い"=『今年こそ踊ってくれい!』は、来年にもちこすよぉ…って思えました…(でもあきらめたわけではない)

いやほんまレポから脱線しますけど、腰がね、もう公式にNHKさんの番組でも出しちゃうくらいよろしくないから、ソロくらい踊らなくていいよ、って思うのもOTA心なんですけど、見たいものは見たいしそれを言わせてもらうのもOTA心じゃないかなあと思う。今回のライブでも、ほんと内心心底(まるちゃん語)にのがすきだ、にののダンスがすきですきでしかたないよ、って思ったからこそ、来年でも再来年でもずっと待ってるよー!そーおーいつまでだってまーってる♪だよー!

14 STAY GOLD
にのみソロの次曲、ということで、日曜はア゛ア…ア゛……とバイオハザード的な反応を引きずってましたが、最終的にバイオハザードはバイオハザードでも口からぐぱぁ!ってなんか触手でる勢いでノリノリータになりました。
サビの手振りがかわいいかつ覚えやすいのでこれも即日一緒にできるよー!今回しょさまずんさまのソロはダンスがキャッチーで一緒にマネしやすいので嬉しかったなあ。ただ、これは特効がバーンってすごいのくるので、びっくり屋さんはご注意あそばせ案件でした…。

15 Imaging Crazy
ンゥ~ン…ン、ストップ……!っていわれた瞬間ほんとにストップするしかない絶対神でした。今回曲調が、観客側としてはどういう形で乗ればいいかなむつかしいかなとか思ったのですが、ただ見惚れていればいいでFA…いやPA!でした。

16 Tell me why
てーーるーーみーーー!輝美(どうした)5人がそれぞれ1・3塁、あと真ん中かな?の、5方向のタワーで歌うので、同時に目で追うことは不可能ミッション。しかし、土曜はにのみ、日曜はしょさまに近い席だったので、完全なるしらたき得な一曲となりました…。

しょさまのラップ時、ダークレッドの照明になるのですが、にのみは土日ともその暗赤に照らされながらたびたび一緒にくちずさんで、リズム刻んで、超絶色っぽくて…ベイベーとか、バッカゲンのような、特徴的なラップ時には、アクセント的に手で表情をつけて。
とにかくにのみがあのタワー上で、歌っているというより、独り舞台をしているような感覚に陥るというか…。哀しみ、未練、胸を突く痛みの表現、とにかくあの一曲でにのみが演技派の戦士だっていうのを、これでもかと見せつけられた気がします。

でもそれはしょさまも同様でした。テルミーしょさまのラップに、両日鳥肌がとまらなかったです。かろうじて横顔が覗くくらいの、ほぼ斜め後ろから見ていたのですが、その背中だけでも、切なさとやるせなさと悔しさと…なんだろう、色々な気持ちが綯交ぜになって喉が詰まるもどかしさで、気づけば両日泣いてました。
ほんとうに、テルミーのやまたろちゃんすごいです。圧巻。単純に歌詞だけ、メロディだけ、でも、ドラマティックというかわかりやすくストーリーが読み取れる一曲だと思ってたのですが、二人の表現(歌やラップを超えていたと思う)にただただ呑みこまれました…完敗やぁ…!

そうなると、りだずんあばさんの表現がどんなものだったのかすごい興味しんしんまるなんですけど、それはDVD待ちということだなあ……。でもこれ各メンバーの定点でみたいよーダンス曲じゃないのに視点切り替え5分割でみたいって思ったのはじめてだよーー!!
それぞれの表現を、一曲通してみたいんだもん…そう思うと、にのみとしょさまを見られただけでもヨシとせねばなんだろうな…でもほんと、すごい見たい……。曲終盤、タワーを降りてメインステに戻っていく、その歩き姿だけでも、やまたろちゃんすごかったんだよ、あの曲ほんと神がかってたよ…!

17 TRAP
5つのタワーから、メインステに集結した5人のおそろしくかっこいいダンス。正直テルミーからのTRAPってほんとうにただただかっこよくてひれ伏すのみです。

18 Troublemaker
うってかわってトラメちゃん。デジタルリミックスです。衣装もカラフルなコートになって、180度違った陽気なあらしめん。

19 Lucky Man
土曜はさくらばちゃんがグイグイであばさんチュー迫る勢い、しょさまギリギリ回避でドームを沸かしておりましたが、日曜は適度な距離感でらっきー「メン」のところをあばさんに言わせるマイクパフォーマンスでしょさまの頭脳プレーが光りました。え?その時にのみはどうしていたか?そんな二人がよく見える位置のトロッコで横移動おさんぽわんこでしたわんわん!(しらたきはわんこを野鳥していたので会場のおピンク悲鳴で土曜のさくらばにようやく気付きました…おぅふ…!)

トロッコ後ラキメン後半は、1塁側にの、3塁側ずんさまの末っこんびちゃんが花道担当だったのですが、14日にそれぞれJrとのおふざけ確認!ずんさまはJr①を蹴りwww、Jr②にラキメンを歌わせるというやんちゃ系お絡み!
にのみはJr①が踊る背中側に立ち肩にもたれてJrのダンス妨害し、Jr②にはなぜか尻を撫でられ(!)、Jr③には早くメインステ言ってくださいと言わんばかりに「あちらへ」と誘導されていました…ってなにがなんだかパルプンテ!特にJr②…!

20 Hope in the darkness
曲前に、メンバーが一人ずつ順番にスライドアップ(NHKハワイドキュのおかげで覚えた単語)で舞台にあがり、手の動きでそれぞれが音を生み出すパフォ-マンスがあり、個人的にはこのデジコンでてるみーと双璧を成す演目でした。
舞台にでてくる瞬間は、しゃがみ、蹲った状態なのですが、そこからゆっくりと上体をおこしたメンバーの腕にはコード状のものが繋がれています。一人ずつ、何かを確かめるように、手を動かせば、それに合わせた音が連動して流れ…OP映像とも重なるように、それぞれの眠り⇒目覚め、とメンバーが順番に覚醒し、その5人がステージ上に揃ったとき、1つの音楽と『成る』…。観客はそこではじめて、今奏でられた、ここに生まれた曲がHope in the darknessと知るのですが…そりゃ鳥肌たつわ!!

またわんこびいきで恐縮ですが…、にのみの「音」は電子ギターのようで、ときどきひずみ、泣いているような音を奏でます。両の腕を撓らせ、背を、骨を軋ませるようにして、ひとつの音を産む姿に、また胸が詰まりました。しょさまは、拳で叩き一定のリズムで秩序と意思を刻むドラム。りだは、指先をはじき舞わせる、軽やかな水の調べ。あばさんは、腕をウエーブし躍動感ある生命の音を奏でます。ずんさまは指を鳴らし、全体の指揮官となりつつ、自らがアクセントにもなる…。本当に、それぞれにあてがわれた音と動きがあまりにらしくて、彼ら自身を楽器に、この曲の一パーツとしたパフォーマンスの妙に唸らされました。

21 Zero-G
圧倒的なパフォーマンスに惜しみない拍手を送ってたらぜろじーーーってなんてこった!いい意味でのなんて日だ!なんてセトリだ!!ここで、先ほど腕に繋がれていたコードを引きちぎり、奈落に捨てるメンバーたちがまたかっこよすぎて悶えます。ここで解き放つ!というのが明確でまさに、Zero-G!
ただ、見キレリアンしらたきとして特筆したいのは、Zero-Gラスト、全員がステージから奈落に飛び降りるのですが、その捌け方ーーー!みんな超絶かっこいいZero-Gダンスでキメッキメだったのに、ばぶばぶ高速ハイハイして奈落から捌けるんだ・か・ら…!
もうね、奈落ってこんなに浅いの!?ってくらい浅くて、ほんと大人が首さげてハイハイしてやっと、くらいの高さに見えたんですが、そこをメンバーがばぶばぶダッシュで捌けるの…うっうっ…かわいくて泣く…見キレリアン万歳…!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。