ninotendo

フラゲ後のらぶばむと私~前編~

らぶあるばむ、略してらぶばむまさかのふらげ『前』エントリーでズコーさせてしまった皆の衆に土下座しつつ無事おもちかえりして聴きましたよ、聴きましたとも、ちょっと奥様お聴きになりました?的独身OTAのくせにおくさまごっこしたくなる勢いで聴きましたから!

つうことで、今度こそ、視聴後にもらぶばむに思いをはせ…というかむしろあふれあふれあふれ…@それこーりんぐ、な思いのたけを書き綴りました。らぶばむゲットン後のお嬢様方にはむしろこんなところで過ごす時間は無駄無駄無駄無駄無駄ァ!とジョジョばりに無駄を感じるかもしれませんが、無駄なことを全力でしたがる系女子、がいらっしゃいましたら続きもどうぞよろしくどうぞ!


*

~らぶばむ全曲ツッコミ感想・前編~

1.愛を歌おう
聞きしに勝る壮大系。加えてしょっぱなから「この世界」って言われてしまったときは一緒にhey!とah!ah!ah!ah!ah!をこぶし突き上げ歌うしか、やけくそで愛を歌うしか…!とりあえず、一曲目がこれっていうことで(しらたきはどんなあるばむも必ず曲順通りに聞きます)らぶばむに対してはいろんな意味で覚悟が必要だなと思いました。しょさまのラップも胸に手を当て進撃スタイルの敬礼しつつ聴いちゃったもんね…!

2.サヨナラのあとで
討ち死に覚悟で挑む世界から首根っこをギャンとひっつかまれて帰ってきた感じで正直ホッとしました…
この曲サビはみんな声が艶っぽくて、おっ、らぶだね!らぶばむだね!と思いました。おおみやちゃんが組んで歌ってる曲はどうしてもそこに耳がはまってしまう(崖にはまるしょさんのごとし)なんとも耳心地のよい感じでなおさらホッとしました。ほんまどうしたん1曲目…。

3.CONFUSION
X-GUNにすきです。デリコさん風だなあとも思いましたしLife goes onにも通じるものを感じるなあと思いましたが、どっちもすんごいすきなのでそりゃX-GUNに好きになるはずだよねというおはなし。っていうかほんまにLife goes onとこれ続けてやってくんないかな。なにせ山っこちゃんと風っこちゃんのかけあい(かけ愛)がいとしすぎる。

4.Hit the floor
正直りだ声にはエフェクトかけてほしくないお耳のごちそうはそのまま味わいたい派なのですが…、ほんとりだの歌は良くも悪くも(いや悪いはずはないんですけど)あいどるさんの声じゃないよなあと思います。おかげでふざけた感想文が書けなくてOTA商売あがったりでどうかしてるぜ!りだの歌声をきくたび、あらしさんのファンでわたしほんとうによかった、って真顔になります。今更うまいとかかっこいいという気も起きない。ただ平伏すのみ。

5.P・A・R・A・D・O・X
これは曲単体より先に、荒ぶる獣の形相で真っ先にPV再生してたので、CDで聞いた時にはらっぷ部分ふくめほとんど歌詞カード不要で歌ってしまうというまあ…ありがとうございます(腕をXポージングにしながら)!フェイクがりだ・にのさん・りだで〆るというなんか…ありがとうございます(尻向けふんばるポージングしながら)!

6.佐藤俊夫
うん、ほらね、わかってた―――でもどうしても言葉にしろっていうなら、いうよ………
…………好き…ちょ!こっちみんなっ…!

みたいな感じですしらたきからしょさまソロに捧げる想いは。まあなんというか、タイトルでいろいろ想像ふくらましてた方向とは違うHOでしたけど、安定の好きなタイプのアレでプレイリストにぽちっとな。佐藤俊夫氏に関しては、延々リピっていうよりは、プレイリストに入れる=栗鼠の頬袋みたいな、自分の好きなものがちゃんと手の中にある歓びや安定剤のような立ち位置。

7.Breathless
これアルバム感想のたびに書いてるんですけどやっぱりシングル曲って強いなあ~っていうのを、また書く。単純に、すでに聞き込みまくってる、っていうのもあるんですけど、キャッチーかどうか、っていう部分でシングルは群を抜いているので。おっおおお、って部分だけでキタキタ感がゴイスー。そしてプラチナ感がパネエ。かぐらくん恋しい感に彷徨ってぇぇ…

8.20825日目の曲
ぱーそんさんでこの曲についての予備知識は得ていたわけで、その時点で想像してたところにすっぽりはまってきたので、過去にのさんソロの中では唯一の想定内だ!という感じでした。過去に意表をつかれすぎていたともいえる。これがOTAとしての成長なのか、と、取り乱してるのがデフォルトなしらたきにしては意外にも落ち着いています。
これは…おど…らないかな…ぎりぎりおどれなくもないラインだと思うんですけど、とくべつのときも踊るよ、ってドル誌でいってたけど結果があの鳥類のあかちゃんおしりふりふり系練り歩きに落ち着いたわけで…ぼ、ぼ、ぼくはもっと踊ってほしいわけで…(裸のOTA2013~それ逮捕される~)とりあえずこの曲に関しても踊るか踊らないかっていう話にいつまでも踊らされてやるよ!ってキレ気味の感想を書き残しておきたいと思います。
想定内だとか落ち着いているだとか書いたくせにやっぱり段違いに長い感想をかいているあたりにOTAMEゴコロとゴイゴゴロォ!の複雑さを察してください。

-----

今回16曲だったので、とりあえずここで半分!
1曲目で置いてけぼりをくらいそうになるという、OTA史上初の緊急事態を体験しましたが、最後まで聞いたらまあそうか、これもありか、くらいには戻ってきたようなそんな感じです。

あらしさんはどこにいっちゃうんだろう、って猛烈に心細くなったんですけど、全曲通してようやく、カエッテキタヨーミンナノモトへーって言ってもらえたというか、ほんとなんかよくわからんけどすごい、そんならぶばむ感想後編は後日!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック