ninotendo

フラゲ前のらぶばむと私

らぶあるばむ、略してらぶばむ、って考えた方SO COOOOOOOOOOOOOL!だな、とおもってたのでぜひ使わせてください、そんならぶばむ発売日がやってきましたね!!!
出勤前に超絶ノリノリータで店頭お迎えにいったらば(がに)『は?14時以降ですので』みたいな塩対応をされて、これが“ツンデレのLOVE”ってやつかな?と戸惑いながらぼくたちは…な、しらたきですよろしくどうぞ!

ということで、以下にまだ聞いてもないらぶについて思いをはせているすごくどうでもいいつれづれが続きます。フラゲにいったのにまだフラゲれないで暇すぎる、という方や、諸事情あってまだゲットできていないという方のおひまつぶしになれば幸いです。

*

~らぶばむと私~

らぶばむと、と書きましたがほぼほぼにのさんソロ曲と私、的な話になるんですが、現時点で見視聴ながらすでにソロ曲はおかあさまへのらぶ、ということが周知の限りでして…この衝撃的事実を知らされたときには、

え、MAJIで…!?

とわりとショックを受けたやつ…ということで静かに一人挙手する一人遊びをして気持ちを紛らわしたあの日がなつかしいです。いろんならぶがあらぁな、ということで、親子愛をテーマにするのが想定外というわけではなく(それをいうならむしろポップなアルバムで愛する人がお亡くなりになってしまっている的なアレをソロに持っていらっしゃるにのさんの気概にシビレるあこがれるぅウウウウウウウウウ!なので)はあ、そうきましたか、そうですか…的なところではあるのですが、しらたきがショックミーしちゃったのは、

母への愛を語る歌でゴリゴリに踊ったり、
母への愛を語る歌でキメキメに踊ったり、
母への愛を語る歌でバキバキに踊ったり、

…は、しないよな~しないわな~したらミラコーだよな~、という部分でございました。

しらたき、踊るにのさんがだいすきでして。たぶん、にのみやかずなり(アイドル)@犬陸大陸風、に心からだ焼き尽くされたゲッチュ!な、お嬢様方にもいろいろあって、ドラマ、映画、バラエティ、色んな場面で出会って、心惹かれて、今に至る、んだと思うんですけども。

しらたきの場合、にのさんとの出会いは12年前にさかのぼるんだけどサァ…@OTA&SOUL、ハンドク!!!のノブでmeetsニノミーしちゃったんだけども、いざッOTA化したのは、アイドルであり、もっというなれば、踊ってるにのさんをみて、フォーリンラブしたんですよ。

親愛なるにのてんユーザーのみなさまの中でもコアなユーザーの方なら、しらたきがハンドクノブで惹かれながらもそのあとバンビしょさまで完落ちした経緯をご存知かと思いますが、なんやかんやであらしさん、としてのいわゆる初担当はしょさまだったんです。が、そのあとPV集やらで踊るにのみから目が離せなくなって、あ、わたしやっぱりにのさんOTA…と気づいてしまったというそんなあれやこれやのうれしはずかしOTA語りがあったりしましてね?そのあと結局にのさんスキーかつ全コンビスキーを名乗りながらどうにもやまたろスプラッシュで根っこの部分はかわっちゃいねえんだな、的な…え?そこまできいてない?話が底抜け脱線するのもにのてん伝統芸なのでゆるしてニャン!

まあ前置きが長くなりましたが、要は、踊ってほしかった…んですよ。

2008年、ぎみっく以降、にのさんがソロ曲で踊ってくれたことはありません。
※とくべつは、ペンギンのようにアヒルのようにヒヨコのように(とにかく鳥類のヒナのように)ヨチヨチおしりフリフリしながら練り歩くパフォーマンスを魅せてくれましたが、あれは除外します。

なぜ…ホワイ!?テルミー!踊ってくれないのか…!!!!!
巷で役者にのみやかずなり業が最近ごぶさたで、さみしんぼ、というお声をよく聞きますし、わたしももちろんそこは同意で土下座待機してますけど、踊ってニノミー!と声をからしている者がここにいるということを今ここで叫びたい心意気です。

ということでまだ聞いてもいないソロ曲に対して、いきなり荒ぶるなんだ唐突!でしたが、にのさんのおかあさまおたんじょうびおめでとうございました、いつか私が母になったらこの曲を聴いて涙しようと思います。が、まだ聞いてもいない今の時間だからこそ、断末魔の叫びとしてソロ曲来年は踊る曲期待してる超!!!と記させてください。

らぶばむと私、ということでそれぞれの曲に関してですが、しょさまのソロ曲は、タイトル発表時点であまりにお嬢様方の玩具にされていた(あえて卑猥表現)こともあって、ものすごく期待値が上がっています。というかしょさまのソロ曲こそわたしのなかで一度もはずれたことないから楽しみです。ハ?OTAが何いってんの?って横っ面ぶんなぐられるのを承知でいうけどしょさまとはすきな曲、嗜好が似ているのかなあと思います。初視聴時から毎度好みなので今回も楽しみです。

りだ曲は、少し違っていて、正直初見はあんまり好みじゃないずら…って思っても聴いてるうちに絶対好きになるので、そこはやっぱり演者(りだ)の実力がマジでガチでぱねえな、と思いますし、そういう意味で今回もなんの不安もないです。好みではないものですら最終的に好きにさせてくれるって相当ゴイスーだし、こちらは構えずただ堪能させていただくだけ、というのはすごく贅沢なことだなあと思います。

あばさん曲はCD音源<<<<<<<<<<<<<<<<コンサートでのパフォーマンスなので、なんというか、本当に天性のあいどるさんなんだと思います。舞台に、ステージに祝福されている人というか、曲を聴くと、とにかくコレ歌ってる姿がみてぇい…!ってうずうずするので。しかし今回はタイトルから想像するに、もしや笑顔のたまてばこまさきくんは少し抑え目なのか?と一番予測付かないでおります。

ずんさま曲も、どちらかというとあばさん曲感に近いというか、毎回とりあえずJを感じろ…!耳で…目で…心で…!と訴えかけてくるものがある&こちらサイドとしましても全力できてくれるJに全力で応えるのみ!ガチンコ勝負な気がします。新ソロが発表されるたび、こんな演出かな?それとも?とOTAお得意の妄想力を煽ってくれるので、コンサートツアーにむけてのプレゼンとしてはずんさまの狙い通りで根っからのコンサート番長様だなあと思います。

リード曲のぱらどっくすさんですが、ラジオ聞けない~文明社会から切り離されたガラケー地方OTA~なので、まだ一部しか聞いたことがありません。PVもチラ見くらい。でもあえて飢餓感をあおるために便利なONET(オタネットサーフィン)も控えているくらいのど、どえむ…!なので、今からヒィヒィ言わされるのを楽しみにしています。想像だけでうれションできるくらい踊ってるあらしめんなので―――、おっと、これ以上想像したらパンパースかムーニーマンが必要になりそうです。

ということで、

まっだ見ぬ世界へ~むけて、よくもまあこんなダラダラと書けるなあとあきれ返っている皆様からの目線がグサリグサリと刺さってきましたので(被害妄想)、そろそろ失礼いたします。おしごとがえりに今度こそらぶばむゲットできますように!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック