ninotendo

ニノさん「ニノナノニ」

2013.07.02、とうとうはじまりましたニノさん!702は、「ナノニ」ってことでいいんですか?そのためにここまで放送を焦らしたんですか?とYTVさんのじらしプレイにまんまとやられて、ありがたく初回視聴させていただきました。

初冠ナノニ関西では放送されない危機だった――そこから、こんなに観たいノニ、の声が集まり、関東での第一シーズン放送が終わるといれかわりのように、関西での放送。にのてん的にも、これは感想をかかないわけがない!ということで、続きクリックでよろしくどうぞ!

------


冒頭、ぬるっと登場したウィークリーMCはぎさん。
「ほぉ~いい眺めですね」に、とりあえず首がもげるほど頷きました。初冠で拝む、小学生男子がピアノの発表会できせられた感のある白スーツニノさん、たしかにいい眺めです。さすが永遠の17さい!いまはもう30さい!でもこのころはまだ29さいナノニ!(時差放送もふくめ感慨深いですね)

そんなかわいいわんちくしょうへの、ダメだしコーナー。初回は「地に足がつきすぎている」
…ぜんぜん、ぜんっぜんだめじゃない…!逆に言うと、だめじゃないのがだめなのか!というなんだかややこしい話になってきましたが、なんでもこなすつまり・器用~!ということでよろしくどうぞ!

  \ニノナノニはじまるよー!/(※それ宿題君)

ninosan1.gif

ニノナノニの発音が想像と違ったのですが、あのロゴかわいいな~ぷらぷら!というところからの、もっとかわいい存在の出現に、ベッドの上をごろごろごろ!ひーほんとセット凝ってるし、おっかなびっくりのわんこが出てくる様はもう…え?なに?これでちょっとショートムービーとるなら、「いまでしょ!」アリエッティ的に、屋根裏に住まう小人さんのお話とかでもいいよ!興行収入200億突破だよ!

と、夜中のションテンでふぅふぅしているところに「いろいろと想像と違うなあ」が、まさにここから怒涛のVTR=ニノナノニ小窓、にもつながってくる、ということになるんですが…ただまあ、VTRをみてる人=にのさん・はぎさん、のふたりなので、ずーっと小窓は定点で顔を映してくれてるし、VTRへのコメントも、ずーっと二人だけ、なので、ニノナノニ、だけど、まあこうなるよねという気持ちでも、あったりして。

このあたり、わたしはわたし自身を甘口評論家と自覚しているので、もののみかたはひとそれぞれ、とは思うんですけど、「だめなものも擁護したい」という、甘口ではなくてそもそもの良い、だめ、のラインがわたしは甘口というものなんです、とだけちょっと書いておきたいかなあ、と思いました。ニノさんの放送が、先行組のみなさんのお声を、ちらほらきいてる中で、どっからどうみても好評!ということでもないのかしら、と少し不安に思っていた分、えっ、たしかに爆笑!とかではないけど、わるかないよ!という感じだった自分の感覚が、OTAナノニ、なのか、OTAダカラ、なのかが、こうして感想を書くにあたり、ちょっと自分の中でもゆらゆらしていたので。

VTRのチョイスだったりも好みだと思うのですけど、わりと大きい「ナノニ」というくくりで、とりあえずいろんな方面から出してきたのは、初回っぽいなあという感じでキライジャナイデスネでした。というか自動ナノニ手動のパンやさんとか、「地元だもん」とか、え、そうなの!という日々是気付きもあって素直にキャホ!ってなったぜぇ。

なんつうか、このVTRと小窓展開は、もっとにのさんみたいよって気持ちから、絶賛はできないけど、夜中にごろごろしながらつけたテレビを、いっしょににのさんとみてる、みたいな感覚(オーディオコメンタリー的なあれ)と楽しみ方もあるので、わたしってほんとうに安いOTAだなあって思いました。2回目以降もVTRをみるスタイルが続くときいているのですが、そうなるとにのさんに興味があるのはもういうまでもないんで、どれだけ自分好みのVTRチョイスかってことになってくるなあ。

校歌PVのくだりとか、あれ完全にOTA得仕様だと思うし、とりあえず充分冠感をenjyoy!させていただきました。
校歌PVがみられるのは『ニノさん』だけ!的な、少年ジャンプにアオリにしたいくらい、楽しみましたとも!校歌に対する、にのさんの「学校名は?」ってコメントだったりとか、VTRが長いな多いな、って感じた分、Vをつなぐ部分がおもしろければおもしろいほど、もっとトークをうつしてほしいYO!ってなるし、はぎさんの「歌って歌って校歌!」を、ちゃんと『自分で』歌って処理するのとか、やっぱり『ニノさん』ダカラなんだと思ってありがたかったです。

にのさんが、にのさんなんだけど、あらしぶんのにのさん(にのさん/あらし)で出演してる時は、まわりに振っちゃったりするようなことも、全部自分で処理することになる。その部分に、わたしは『ニノさん』が『ニノさん』である意義を十分に感じて堪能できたので、これから秋まで、週に1度のおたのしみが増えたことがとてもうれしいです。

さいごのおまけコーナー?の、物撮りしてるニノさんとか、舌がおくちからチョロリしてる姿とか、
え?なにこのサービスショット…<○><○>
って目玉おっことすところでしたからね…!

いや、ほんまにぶっちゃけ好評と言い難かった初回でこんだけたのしいので、今後楽しみでしかたないです。やったーおかーさんやったよー!MOEの沸点が激烈に低くてよかった!(そこか!)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年07月04日(Thu)00:19 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013年07月06日(Sat)10:01 [EDIT]


 

トラックバック