ninotendo

WEらぶヨワカテ!

weloveyk.gif

フレーーーフレーーーよ・わ・か・て!
フレっフレっよわかてフレっフレっよわかて、フゥーーーーー!


ということで(どういうことだ)にのてん謹製たもせんせーのヨワカテ応援カードです。
はじめは普通にヨワカテおえかきしようと思って、いつも通りコピー用紙にきままならくがきをしていたんですが、うえとのあやちゃんじゃございませんが、せっかくだしこれでメッセージカードを作りたいなあ~と思いたったが吉日生活。

カードを開くと、たもせんせーがぴょこんと飛び出してくる仕様です。
スコアボード部分をめくると、メッセージ書けるんだよ~。

じつはカード閉じたらたもせんせーの頭がハミデントしたりするうっかりぽっかりミスもあるのですが(そこが素人クオリティってやつですね)久しぶりにアナログで描いて切って貼って画用紙取り出してって楽しかったです。そして視聴率もテルマエアタックとGWボンバーから不死鳥のごとく復活してくれて、嬉しい限り。

この調子でフレーフレーよわかて!よわくても、かちまっしょい!

弱くても、見てます。~初戦はコールド負けです編~

先の『弱くても、見てます。~見える?見えない?編』エントリーで、しらたきの書き方がまずかったために、伝えたかった想いを伝えきれず、気持ちの行き違いが起こってしまいました。

発覚したのは、声を直接届けてくださった方がいるからなのですが、他にも不愉快な思いをされた方がいらっしゃったのでは、という不安もありますので今回はお言葉をくださったNさんにむけて、の形をとらせていただきつつ、このエントリー上で皆様にもお伝えできればと思います。

「相手の気持ちを考える」大切さをあおしせんせーが教えてくれたのに、ちゃんと打ち返せない自分がとても情けないですが、先のエントリーを読んでくださった皆様、どうぞ、もう少しお付き合いくださいませ。

つづきを表示

弱くても、見てます。~見える?見えない?編~

今回はロング・ロンガー・ロンゲストの後半部分、ドラマ本編の感想についてつれづれ書いております。今のままだと、ただの視聴率とOTAの最終戦争の話しかしていないという残念具合でしたので、時間の無駄無駄無駄ぁ!とジョジョになられた方ゴメリオン・ジョジョリオン!

ただ、こちらも元記事に追記追記で結局また長々書いております。もう3話。まだ3話。いろいろものおもうところがありますので、ほんとにいくら書いても書き足りない気持ちなんだもの!っとまあ、本気で長くなってしまう&これからも追記したい、ので、今回以降、テーマごとにまた細分化していこうと思います。

今回は【見える?見えない?編】と題しまして、お届けでござい。

※3話まで視聴した時点で書いたもので、そこから追記追記追記…ってしてたら公開がこんな時期になってしまいました。ということでドラマの直接的内容については、この記事内で3話までしか触れられていませんのであしからず~。

つづきを表示

弱くても、見てます。~魔物と戦いながら編~

弱くても、勝てます。第3話にしてようやく感想を書くという、まさに―――遅くても、書きます。
あっ、山田くん、座布団もっていかんといて…。ということで、お絵かきは無ですが、その分文字量三割増しで以下よろしくどうぞです。


***

という書き出しで弱くてもエントリーをあげていたのですが、あまりにロング・ロンガー・ロンゲストなロングっぷりだったので、2つに分けました。これは元記事の前半部分、ざっくりいうと下衆いパートです。で、魔物との戦い3話も結果が出たので、それについても追記再編集いたしました。

つづきを表示

謎解きは飯くったあとで

正直、演出に、こ、こうきたか…(ゴクリ)という感じなのですが、…これからも…あのスタイルなのかなあ。…あのスタイル…なんだろうなあ。いや、ほんまにものそいコミカル仕立てですね!KAGEYAMAが国民的アニメソングを口ずさんだあたりは、「ごめんなさいこういう時どんな顔したらいいのかわからないの…」「笑えばいいと思うよ」みたいな感じになりました。ちなみにKAGEYAMAって思わずローマ字表記にしたのは、KAMIYAMAと名前似てんな、と思ったからです。(どうでもいい補足)

正直に申し上げると個人的好みでは演出がモゴモゴ…で、なんだろう、ものすごく惜しい気がする。こんなに歯がゆい気持ちになったのは久しぶりです。でもKAGEYAMAガチイケメンでお嬢様がマブいかわいこちゃんなので、目にやさしいドラマだなあと思いました。1話完結なのも視聴しやすい。確実にしらたき好みのテイストだけに、なんかものそい惜しい気持ちなんだよ…!

でも絶対執事おえかきするぞ!ということであらしめーん5人執事にするか、KAGEYAMA+お嬢様4人にするか、迷っています。